いろいろやってます

あっという間にゴールデンウイークに突入してしまいました。仕事とかはworksに更新してます。なんやかんやと担当させていただき嬉しい限り。

東京暮らしも1年過ぎ、ふつうになってきました。といっても基本的に引きこもりで、外出といえば寄席に行って飲んで帰るくらいです。いままで住んでいたところには寄席がなかったので、東京にきていちばんいいことかもしれません。落語はお酒のはなしがけっこうあるので、一人で見に行ってても帰りはどうしても飲みによってしまいます。だいたい吉祥寺の三舟でひとりで飲んで、とぼとぼ帰るというのがおなじみコース。いい息抜きになります。

平日の昼間の寄席はおとしより多め。とはいえけっこう混んでます。わたしはだいたい座敷の最前でみてるんですが、一番前の席を見ると延々とお菓子をたべてるおっさん、ずっと寝てるジジイなどさまざまです。自由な感じがする。

とはいえ都会は疲れるので、どこかの山のなかに一人でいって絵描きたい。。。と思ってたんですが、ちょうど従兄弟が大分の山の中に住んでいるので、連休明けにいくことにしました(連休中は交通機関が混んでいて外に出たいと思わない)締め切りや打ち合わせをかいくぐったところにポン!とあった空き時間なので、のんびり羽伸ばしでもしようかなとおもいます。ということでゴールデンウイークはとくに休みでも無いんだな!


あけましておめでとうございます。

2018年あけました。おめでとうございます。

旧年は新しい挑戦やお仕事が多く、あっという間に時間が過ぎてしまった気がします。お世話になった方々に大変感謝しております。

今年もいろんなことに挑戦してみたいなと思っています。

 

お正月帰省は27日から3日まででした。私たち夫婦は両方関西に実家があるので、新幹線で並んで帰りました。28日は初の両家顔合わせがあり(わたしたちは事実婚という形をとっており、夫の住民票に妻として入っているのですが、なんとまだ顔合わせをしていなかったのだ!)私の父がマシンガントークをする癖があるので粗相をせぬか心配をしてましたが、トラブルもなく終わり、両親同士が盛り上がる中結局終盤は夫と二人でボーッとしてました。まあ親同士が会うという趣旨なのでいいんですが。

お正月は早朝から祖母宅で雑煮と箸くらいの長さの昆布巻きを食べ、そのあとは義実家へ宴会へ。バタバタとしていましたが楽しいお正月でした。

帰りの新幹線ホームは人いっぱいで、京都駅から乗ったんですがたべたかったシズヤのカルネは売り切れで肩を落として帰りました。ヘトヘトで帰宅しましたが、なんだかんだ住んでる家は落ち着きます。

 


親知らずを抜いた話2

 

親知らずその後の話。

あっさりと済んだ抜歯でしたが、調子こいてたら痛い目にあいました。うれしいことに腫れはほとんどなかったんですが(と言ってもほとんど外に出ない)、とにかく痛い!抜歯した周りの歯が、ドラゴンボールの孫悟空みたいな屈強な男にぐいぐい押されているような痛みが続き、鎮痛剤も二時間ばかししかきかず苦戦しました。オラまいったぞォ〜!!

大泣きの末に見つけた最強アイテム座薬ですが、ほんとにびっくりするくらい効いたのでありがたかったです。鎮痛効果は翌日の昼前までもったし、なんでもとっとくもんだなあと思い知りました。

抜歯後はとにかく血餅(けっぺい)というかさぶたを取らないように必死でした。舌でいじったりしたい気持ちをぐっとこらえて、口があまり開かず気持ち悪い中のうがいも、口に含んで吐き出すだけ。またはゆるーく頭を左右にゆらす程度にしてとにかく刺激しないように。また、歯磨きもかなり注意して磨きました。前回も書いた通り私はずっと子供用歯ブラシを使っているのですが、それでも奥まではとどきにくくて悪戦苦闘!とにかく口が開かないことが辛かったです。

血餅はかたまると抜歯後の穴をふさぎ、その間に歯の根元にあった骨が再生していくそうです。しばらくはお世話にならないとけないかもしれないですね。現在抜歯後一週間過ぎですが、白っぽくなって歯肉のようになってきました。口の中の再生力ってすごい!とはいえ抜歯初日は口の中に血がにじんで味も変な感じでした。ただドライソケットになると鎮痛剤がきかないという話もネットで見かけて、とにかく痛いのは嫌だ〜!という気持ちで必死でした。まさに腫れものなので、さわらないように、そ〜っと見守ることが大事かもです。

夫の調達で大変助かった赤ちゃん用のおせんべいは抜歯後に本当にオススメです。前歯でサクサクとした食感を楽しんだら、あとは舌の上でジワーととけていくので、食べている感じがします。味はうすいミルク味で優しい気持ちにもなれました(笑)ただ、食べた後はゆるーくうがいがおすすめです。うどんについては私はしばらく麺類は諦めました。ほんとはうどん大好きなんですけど、ひたすらおかゆやスープをゆっくり流す食事を続けてました。抜歯5日目くらいでやっとうどん食べたかな?それでも一本づつ噛んでだべる慎重っぷりでした。頭の中はバリバリしてたりザクザクしてるもの食べたい〜!という気持ちでいっぱいでしたが。

今回ほど痛むことはいまのところない状態ですが、もう少しいろいろあったので更新続けようと思います(漫画描くのもたのしいというのもあるが)血餅は大事にしろよ!


親知らずを抜いた話

今週右下の親知らずを抜きました。

実を言うと数年前から疼くような痛みが時たまあったんですが、友人からきいた親知らず抜歯体験談があまりにもこわくて、痛みがおさまるまでやりすごしてました(アホー!)痛くなるスパンが短くなってきたとろで急激に痛くなり、口も開かないし、これはヤバい!と朝からギャーギャーわめいてしまい、歯医者に行くとやっぱり親知らず。

痛みの上に周りが炎症で腫れていたそうで、歯医者さんによると親知らず周りの歯茎は歯周ポケットがでかいのでどうしてもよごれがたまりやすく、その影響で腫れてしまうそう。実は上の親知らずは使えているので、子供用歯ブラシで丁寧に磨いてはいたんですが、時は来るもんなんですね・・

とりあえず心の準備ができていないので「ちょっとタンマ!」という気持ちで延ばしてもらったんですが、頭の中ではこれがずっと流れてる状態。あの帰り道の自転車忘れないぞ。

頭の中で石井モタコが大暴れしながらも炎症止めの薬を飲んで、「来週来週!」と念じてたんですが結局どうしても我慢できなくなり次の日抜いてもらいました。切羽詰まると「覚悟が」なんて余裕はこいてられないもんだなと身をもって思い知りました。

ちなみに抜歯はあっさりと済んでびっくりしました。もともと親知らずがまっすぐ生えていたこと、中学生の時にやった歯列矯正の際に毎週一本ずつ上下あわせて4本抜くという地獄週間を経験していたので、麻酔の恐怖心もあまりなく。。もっとはやく抜いておけばよかったと思ってます。

「なーんだ、楽勝楽勝!」と抜いた時は思ったのですが、ぜんぜん楽勝じゃなかったので続けて更新しようと思います〜。親知らずはすぐ抜けよ!


ぼんぼん

東京に来てはじめての夏です。7月はのんびりしてたんですが、ありがたいことにお盆前にきゅうにいろいろとお話をいただきけっこう忙しい日々です。いくつかはお知らせが出来るものもあるので、はやく秋になあれ。

8月なのに台風がきているみたいですが、明後日松本に打ち合わせにいくのに特急あずさが走るか心配です。

松本は久しぶりなので、一泊か二泊してちょっと気分転換できたらいいなという感じ。パソコンはもっていくけど。

このところの悩みは全く眠れないことです。疲れてるし寝たいんだけど、とにかく目が疲れていて目を閉じてもピクピクと動いてまったく落ち着かない!目薬とか、ホットアイマスクとかしてるんだけどどうもだめです。このまえはじめて化粧でクマが隠せなくてガ〜ン!なお出かけ前でした。とにかく体が資本なので、調子を整えたいと強く思うお盆前です。