ムラ遠征

いつの間にか年も明けてました。年始2日目星組公演から来月まで月2のペースで宝塚観劇の予定です。全く飽きないからマジで怖いです。ただいま花組大劇場公演を観に実家に滞在中。仕事道具をぜんぶもってきたので重かった・・とはいえすべてPC作画だし、フリーランスだし、ほんと今のタイミングで宝塚にはまってよかったなと思ってます。来月は心の旦那珠城さんに会いにまた実家に滞在します。自分でもわけわかりません。

17歳で家を出るまでつかっていた部屋で仕事しているっていうのはなんだか不思議な感じです。しかし宝塚を補給しに来たのに実家は宝塚スカイステージに加入していないので遠征に来ながらめちゃめちゃ宝塚が不足しているという状態。つらい!そしてやっぱりわけわかんない!

仕事と個人の制作の合間にちょこちょこ描いていた宝塚の絵がわりとな量になってしまったので専用ページつくりました。メニューからいけるのでみてね。ちなみに夫はわたしが遠征直前に胃腸炎になって大変だったんですが、この通り夜行バスに乗ってでてきました。32歳の夫はじぶんでどうにかできるだろうが、タカラジェンヌはこっちから会いに行かない限り会えないしな!

しかし毎日家で家事やってるとどうも実家でも家事をしてしまいます(母には感謝してもらえるが)老猫が2匹いるんですが頻尿でトイレ掃除、かと思えばメシをくれ〜〜と鳴くので世話がかかります。我が家は母がよく働いている偉大な女性なので、遠征中はできる限りサポート。今朝は弁当こしらえました。

ちゃんとお仕事もいろいろやっているのでWORKSのページご覧いただけるとうれしいです。


悩んでるオータム

寒かったり暑かったり日が照ったり曇ってばっかりだったりで体調が安定しません。最近じぶんの描きたい絵ってなんだろうなとよく考えては試行錯誤したり手を動かしたりしてます。だいたい数年に1回こういうときは来るので、また来たかという感じですが、来たら来たでそれなりにしんどいものです。とはいえ時間は過ぎ、金は稼がなければならない。

すごく若い時にずっとクロッキー帳を持ち歩いては金のないまま飲み屋に行き、その場でまわりの人に帳面をみせて気に入った絵があったら売るっていうのをやってたのを思い出しました。売っては飲みながらまた描いてまた売る。お金に困ってた時はまあまあいい飲み代になりました。買ってくれた人がその絵をどうしたかとかは知らないし、あんまり興味もないんですが、非常にプリミティヴな商売だったなとアラサーになった今思ってます。
いまそういうことはしようとは思わないけど、あのときの視点とか感覚とかってなくなったなーと思って過去の自分に寂しい気分になったりしています。まともになろう、慎ましくいようと頑張って来たところでただのつまらない人間になってしまったような気がして、かといって昔には戻りたいとも思わないんですけど、傲慢だなーなんて思いながら手を動かす日々です。
ここ2ヶ月くらいそういう気持ちで手を動かしてたら感覚をいいかんじにアップデートした状態で思い出して、あのとき描きたかったけど気持ちとか技術とかでできなかったものを描くかという気分になり「あぶないシリーズ」を自分のために描いたりしてます(worksにある黄色い絵だよ)
いままでのタッチとけっこう変わってしまうのは怖いけど、変わることはいつでも怖い。それよりも死ぬことの方が怖いから変わるくらいどうってこともないかななんて思っています。(個人の制作とお仕事はけっこう違う気持ちでやっているので、前描いてた感じとか細かいやつとか、じゃんじゃんやりますよ!)

そんななかで描いたやつがBuzzFeedさんのインスタで紹介していただけてめっちゃ嬉しかったです。

大人になったら変わったり成長したりなんかないと思ってましたよ。


一瞬で沼に落とす存在、宝塚歌劇団

ちょっと前から宝塚に見事に沼落ちしてしまいました。
ミュージカルとか演劇とか、そんなに興味もなかったんですが(友達に誘われたら行く程度)久しぶりに会った友人が沼落ちしており、DVDやら録画やらを見せられて、月組のBADDYの珠城りょうさんに見事にハートが撃ち抜かれてしまい、それいらいどっぷり宝塚の沼に沈んでます。客観的に見ても抜け出せない感じがするのでやばいなあと思いつつ、幸せいっぱいです。夫は冷めた目で見てますが・・・

好きすぎる、珠城りょうさん。嫁にもろて〜〜!

 

csの宝塚スカイステージにも一瞬で加入し、ばんばか増える円盤、本に囲まれて幸せです。宝塚の課金、マジで破産させにかかってくるんですけど「まあいいや、尊いし!」と思わせるところが怖い。

で、もちろん観劇にもいきました。チケット難のエリザベートに・・!!予定が合わなかった友達が泣く泣く譲ってくれたのでもう足を向けて寝れません。

関西に長く住んでいたというのに宝塚は一回も行ったことがなかったことをこれほど後悔したことはありませんでした。駅から大劇場までの道もサイコーだし、大劇場のなかもサイコーです。キャトルレーヴ(ショップ)で重課金をし、宝塚の殿堂で歴代スターの展示や衣装の展示を見てギャー!と心の中で叫びまくり、タカラジェンヌのみなさんが着ていたものをみただけでこんなになっては公演ではどうなってしまうのであろうかと心配しつつ、その時を迎えたのでした。

主演の珠城りょうさんは健康的でおおきな体格、体育会系のヒーロー!みたいなかんじなんで、黄泉の帝王どんなんだよと思ったんですがガチハマりすぎて固まりました。正直ずっとオペラグラスでおっかけていたので話がちゃんと頭に入ってません。人ってほんとうに美しいものをみると硬直するんだなとしみじみ感じました。

天国ってきっと宝塚みたいなところだろうなーとマジで思いました。サイコ〜〜!ピースフルプラネット〜〜!!

自宅では宝塚スカイステージを見ながら悶絶する日々です。増え続ける推しと録画データ。そして日に日にボロくなっていく付箋だらけの宝塚おとめ(聖書)。HDDの増設しないとマジで辛い。仕事デスク周りもブロマイドで溢れ、常に推しに視線を送られながら仕事する生活。ほんと最高です。

ということで宝塚にばんばん課金せねばいかんので、心やさしきみなさま、お仕事ください。


お仕事のご紹介をいただきました

今年イラストを担当させていただきました、サミット精油さまのwebサイトについて、ロフトワークの入谷聡様よりブログでご紹介いただきました。

サミット製油 – 写真と水彩風イラストの合わせ技

デザインは株式会社アーキタイプの元松様。とても素敵にイラストをデザインしていただき、感謝しております。

お二方には大変感謝いたしております。ありがとうございます!


試行錯誤したり仕事したり寝たり

梅雨があっという間にあけて暑すぎてまいったので、友達と葉山の一色海岸にいってきました。海に浸かったりスケッチしたり写真撮ったりで、風景がはいった絵をちゃんとやりたいなと思い練習してます。上の画像は串カツ田中吉祥寺店で夫が撮ったわたしの写真を基に描いてみたもの。あー串かつ食べたい。ipadがあるのでどこでも描けるのはうれしい。いまは映画館の絵描いてます。スケッチした海の絵もちゃんと描きたいなー。